江戸つまみ細工の過去と現在、そして未来

ここ数年、「つまみ細工」のブームが続いています。
元々は江戸時代の日本髪を飾るために発達したつまみ細工のかんざし。
時代とともにその役割が変化し続けて、現在に至るまで残ってきています。

技術が残って続いている
ブームが続いている

それだけでは、この後何百年も続くものになるかは、わかりません。
いつもお客様や受講生の皆さんにお話しするのですが、私たちは、
「つまみ細工という技術の中継ぎ投手である」と考えています。
ただし、
「つまみ細工の技術を残す」ことと、「用に供するものとしてのつまみ細工を残す」ことは、少し意味が違ってきます。

現代でもすでに、技術は残っているけれど、「高価になりすぎて、一般の人からは遠い存在になってしまった伝統工芸品」がたくさんあります。
高価になっても、技術が繋がれているのはいいことなのですが、たくさんの人に見てもらえる、触れてもらえる機会が減るのは、残念だなと。

教室では、かんざしはもちろんなのですが、なるべく普段に使えるものも作っていただけるようにレシピなどを考え、また販売する商品も、洋服にも着けやすいデザインのものを企画しております。

来年度以降は、つまみ細工のアクセサリーやインテリア用品などを開発し、もっともっとたくさんの方に、身近に感じていただけるようにしていこうと考えています。



江戸つまみ細工を仕事にしたい方へ

今の世の中で、伝統工芸品に携わることで仕事にしていくのは、並大抵のことではありません。
江戸つまみ細工の現実問題としては、多様なデザイン、品質の髪飾りが出てきているため、これと共存していかないといけません。
私が小さなころは「七五三といえばつまみ細工のかんざし」でしたが、今はコサージュもあれば、リボンもある…本当に多様です。

その現実をしっかり知った上で、なお江戸つまみ細工に携わりたい、と思う方がいらっしゃいましたら、ぜひ当社の門を叩いてみて下さい。
未来に向けて何ができるか、何をしていったらいいか、みんなで考えて行きたいと思います。

代表  金澤美保